忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

影に粛然粛然、二に互いに忘れる;人情むだに、道は広大な。


忘れていた記憶があるからは何回目の、歳月が流れ、同じ景色はのように。

同じネタにこの土地は、こんな私の前に繰り返し上演して、冬の太陽を覆う世界を追い払った朝の深い霧。人にも若干おだやか。去年の今日、その広々とした夜、私たちは歩いて涼しい風がそよそよと吹くの大通りの上で、相顧無言、またふり見つめて道路の両側の街燈、淡いネオン映っ顔、私が感じるのは、寒さと荒涼。

久しぶりに気持ちが深夜に自分の感情を表し、ただこの特殊な時間、両手から自覚のない紙の上で往復。は、昔はただ昨日、あの無邪気でわがままな夜空に叫んで、その私も、その夜に消え無辺の思い出。

知らないどのように心の中のあなたに触れ、言えないので、口を閉ざし続けたい、心までが、永遠に騒動が止まらない。歩いて双福の畑で、見ていて見渡す限りの遥か遠くて、不可解な辛酸そっと湧いて。私は言った、私は好きなように見渡す限りの広い平野。しかし、私はその間に、すべては思い。たぶん、私のものを感じたい、永遠に触れてはいけない、永遠に見えない景色。

ここはどの海?今、海はまだ、あなたはないニュース。

あなたが明瞭ですか?今夜はどんな気持ちですか?

あなたが明瞭ですか?当時の私はなんとの痛い?

あなたが明瞭ですか?今はどこですか。

昨日はまた泥酔、元々麻痺心性のアルコールは、助燃た心の中のあなたの思い出が。

一部の事は、自然の法則に燃える火、希望、風は吹いてどこかに;風向回転、火は二度と再燃。私の目であのよどん歪の画面、ミラーの中にあなたに立って、またレンズこちらの自分。

さだ再三、現実は結局は現実に、物語はあくまでも物語。

もうすぐ、うわさの中の世界終末は滅びを問わず、やはり;再生と今の自分は、すでに気気持ちがありません。が俺の前に置いて、足元が生い茂るイバラ。もしあなたが見ることができるこの日記を、呆気に取られるか、乱雑昇って、覚えていてください、このすべては過去。かつて私はひそかに笑われたあなたは、笑うあなたが愚かで、笑甘い。繰り返して考えて、自分が自分を欺くことだけ。

自分が自分を欺くこと、どんなに婉曲無力の口実にして、しかし私は信じて、これは唯一の。

窓の外は嫌いそれつ亮翌日までの街燈、深夜までごとに、いつも私の目を突き刺す、白い美しく映るすべて。寝返り、また1つの夜明け。

暑い真夏が一番寒いです心。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[03/17 adakbhek]

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R